まるころのまるころによるまるころのためのブログ

「まるころ」のロマンを今キミに届けたい

まるころのサポート4。- 置き土産

まるころ使いが乗り越えなければならない、最大火力到達までの6ターンの壁。この6ターンを耐えしのぐのはかなり難しく、いくら耐久力の高いポケモンでも、サポートがなかったら不可能に近い。

この6ターンの重要性は以下の記事で詳しく紹介している。

まるころの欠点1。- 6ターンの壁 - まるころのまるころによるまるころのためのブログ

 

上の記事の中でも書いてあるが、まるころポケモンの素早ささえ高ければ3ターンあれば十分なので、まるころという戦術を使う上で6ターンのうちの最初の数ターンを稼ぐことはかなりポイントになってくる。そこで思いつくのが置き土産という技だ。優秀な退場効果+相手のポケモンへの交代促しはまるころポケモンのサポートには持ってこいである。

スポンサーリンク

 

 

置き土産とは

説明するまでもないと思うが一応。

 おきみやげ  

  http://www.serebii.net/pokedex-bw/type/dark.gif

 

  http://www.serebii.net/pokedex-bw/type/other.png

威力   - 命中   - PP  10
効果  自分が『ひんし』になる代わりに、相手の『こうげき』『とくこう』ランクを2段階ずつ下げる。

自分を犠牲に対面のポケモンの「攻撃」「特攻」を2段階下げるという技。もちろん控えのポケモンを無償降臨させられる上に、「攻撃」「特攻」を2段階下げることで戦力を失った対面のポケモンの交代を促すことができるので、控えにエースがいる場合はかなり頼れるサポートになる。

欠点としては、おきみやげを覚えるポケモンが少ないので、読まれやすいということ。なので、え!?ここでおきみやげしてくるの!?と相手に思わせるようなタイミングで使うことが重要になる。

 

まるころに合わせる置き土産

上で書いた利点がそのまままるころのサポートになる。壁貼りなどのサポート技を使った後でもまるころポケモンを無償降臨させることができ、その次のターンにもたいていの相手は交代してくるので、そのターンも無償で「まるくなる」を使えることになる。 なので実質耐え凌がなければならないターンはたったの2ターンになる。

〜置き土産からの俊足まるころポケモンへの流れ〜

1ターン目:こちら「置き土産」→まるころポケモンへ

2ターン目:こちら「まるくなる」 相手交代

3ターン目:こちら「ころがる」1回目 相手攻撃技

4ターン目:こちら「ころがる」2回目 相手攻撃技

5ターン目:こちら「ころがる」3回目(対面を撃破)

6ターン目:こちら「ころがる」4回目(対面を撃破)

7ターン目:こちら「ころがる」5回目(対面を撃破)

 

このように、まるころポケモンが相手の上から攻撃することさえできれば、置き土産と組み合わせることで、耐えなければならないターンはたったの2ターンになる。2ターンであれば、耐久に自信のないポケモンでも受け切れるだろう。

 

置き土産ポケモン育成例

置き土産だけでなく、壁貼りなどのサポート技を覚えるポケモンを強く勧める

今回で3回目の紹介となるが、ここでも筆者が愛用している壁貼り置き土産要因を紹介しよう。

https://vignette4.wikia.nocookie.net/pokemon/images/6/62/Uxie_XY.gif/revision/latest?cb=20150201060425

この記事で紹介済み

ユクシー(NN:ヒラリー・C) @ひかりのねんど

性格穏やか 特性:浮遊

技構成ひかりのかべ/リフレクター/おきみやげ/マジックコート

努力値H244 B12 D252

解説:壁貼って置き土産で即退場。攻撃は一切しない穏やかなヒ◯リー。挑発されると仕事ができないのでマジックコート採用。

耐久力には絶対的信頼を置いている。どんな対面でも両壁は貼れる。最強の起点作り。

 

ここまで信頼できる壁貼り置き土産要因はいないだろう。過去作を持っていなくて、ユクシーを手に入れられない人は、最近発売が発表されたウルトラサン・ムーンでの準伝パラダイスを期待しよう。

  

まとめ

素早さが高いまるころポケモンを使うならかなり強力なサポートになる置き土産。壁貼りと併用すれば、まるころポケモンの頼りない耐久力も不安じゃなくなる。実際、壁貼りからの置き土産は筆者が最も信頼を置いているサポートであり、この戦術の安定感はすごい(勝てるとは言っていない)。

 

みんなユクシー育成しよう!!

 

次回はフィールド技のサポートについて↓

まるころのサポート5。- フィールド技 - まるころのまるころによるまるころのためのブログ

前回のサポート↓

まるころのサポート3。- 拘束技 - まるころのまるころによるまるころのためのブログ

スポンサーリンク